医療費・介護費用が必要|不動産担保ローン・融資の総合マネージメントサービス

医療費・介護費用が必要

急な医療費、美容整形・最先端医療などの高額医療費、出産費用のご融資OK

医療・介護に必要な資金を不動産で作る

医療・介護に必要な資金を不動産で作る

思わぬケガや病気で備え以上の治療費が必要になったり、高齢の家族の介護が必要になったり、医療・介護に関する費用は、節約することができないもののひとつです。

助成金・補助金などの制度を利用するには時間や手間がかかりすぎたり、せっかく申請しても条件が合わなくて利用できなかったりすることもあります。

なるべく早く、まとまった費用を用意するために、不動産を活用するご提案も行っております。入院費用や治療だけでなく、バリアフリーのためのリフォーム費用など、総合的な資金作りが必要な場合は、ぜひご相談ください。

こんな方はご相談ください

急な医療費・入院費用が必要になった方

医療費・治療費は、突然必要になることが多いものです。備えがあっても、予期せぬ長期入院や高額な治療費が必要になることがあります。
短期間でまとまった額の医療費を用意するなら、不動産を活用することもご検討ください。カードローン(キャッシング)等を利用するよりも負担が少なくなる(低金利、長期返済)場合もございます。

美容整形やレーシックなど高額医療費が必要な方

仕事の関係やキャリアアップ、自分磨きのために美容整形やインプラント、レーシックなどの高額医療を受けられる方が増えています。
治療の内容によっては治療費が数百万にのぼることもあります。美容整形+キャリアアップのための講座受講、インプラント治療+資格試験受験など、幅広い自己投資に不動産担保ローンを活用される方もいらっしゃいます。

医療費以外の借り入れがある方

医療費が必要だけれど、複数の借り入れを同時に行うことに不安を感じられる方からご相談を受けることがございます。
不動産担保ローンで借り入れの一本化を行うなどのご提案も可能ですので、無料査定や不動産活用コンシェルジュサービスをご利用ください。

ご利用いただけるサービス

※融資額、不動産の評価、返済条件によってはご希望に添えない場合もございます。

不動産担保ローン

所有されている土地・建物などの不動産を担保にする有担保ローンです。
不動産の評価額に応じて短期間でまとまった資金をご用意できること、比較的低金利で、返済期間を長期で設定できることなど、無担保ローンにはないメリットがあります。
資金使途は自由ですので、医療費以外の目的(バリアフリーのためのリフォーム資金、介護用品の購入等)にお使いいただくことも可能です。

不動産担保ローン

売却前提の不動産つなぎローン

不動産の売却のご予定がある方は、売却代金で返済する「売却前提の不動産つなぎローン」もご検討ください。
つなぎローンを利用することで必要な資金を短期間で用意することができるので、大切な不動産を慌てて売る必要がありません。また、返済は不動産の売却代金が入ってから一括で行うことができますので、毎月の返済に追われることもありません。

不動産つなぎローン

売却しても引っ越ししたくない・・・という方は

リースバック

目的からご融資サービスを探す

総合マネージメントサービスの不動産担保ローン

不動産担保ローンの無料査定申込